ホーム > 技術

技術

チタンパイプ材をプレスで長丸形状に!
φ12.0(t1.0)のチタンパイプを6.0×15.5mmにプレスで加工する技術の紹介です。 ただ平板でプレス加工しただけでは、下の写真の様に中央が凹んだ(座屈現象)八の字形状になってしまいます。   綺麗な長 …
チタン合金「GUMMETAL」の合金設計はどのようになされたのか?
今回は、ゴムメタルの合金設計はどのようになされたのかをお話ししたいと思います。 ゴムメタルの合金設計とは? チタン(Ti)-ニオブ(Nb)系合金では、ある組成になると低弾性になるという過去の知見に着目して、弾性率が低くな …
ネジ転造加工~チタンクリエーター福井
ネジ転造加工の動画をご紹介致します。 M1.4XP0.3のネジ加工「転造」の様子です。     主に眼鏡等に使用されるネジ ヘッダー加工後に転造(切削ブランク後の転造も可能) この転造方法を用いる事に …
ミラーバー眼鏡スタンド
ミラーバー(*)を曲げ加工後、金メッキ加工を施しました。 曲げ形状は任意の形に対応する事が出来ます。 ミラーバー:スウェージング(*)加工を利用しデザイン性に富んだ線材(棒材)を言います。 スウェージング加工:母材となる …
眼鏡の腕(テンプル・つる)のレーザー切断加工
  CO2レーザー加工機(発信機出力200W)で実際に加工している画像です。 加工ワークは厚み0.8mmのβチタン材で眼鏡の腕(つる・テンプル)を切断加工しています。 レーザー切断加工は、レーザー発振器から反射 …
精密圧延加工~超硬ロールへの型彫り~
精密圧延加工は、ダイス鋼や超硬合金のロールを使って圧延加工をするのですが、そのロールへの型彫り加工はワイヤー放電加工機で行っています。 ワイヤー放電加工機は、φ0.2(もっと細線もあります)の真鍮ワイヤー線を使い、電気の …
眼鏡の腕(つる・テンプル)へのペン染色加工
眼鏡の腕(つる、テンプル)にペン染色加工で色付けしました。 世界に一つだけの眼鏡です! そんな眼鏡って素敵ですよね(*´∇`*)
チタン合金 「GUMMETAL」が開発された目的とは?
ゴムメタルの特性とは まず、ゴムメタルの特許には ’ 弾性率が低く、かつ強度が高いこと ’ が、最大の特長として掲げられています。 弾性率が低いと、小さな力で変形させることができ、かつ強度が高いと大きく変形しても元に戻る …
チタン製眼鏡フレーム製造過程
加工工程は下記の様になります。 ①板抜き チタン金属の板材から、材料として必要な量(形状)を「プレス加工」により打ち抜きます。 ②バレル研磨+熱処理 樽型の回転研磨機(バレル研磨機)で表面を研磨したのち、高温で熱すること …
ネジの流れ~パーツフィーダ
ネジ切り前の製品が並ぶ様子です。 ネジを早く加工するためにこのような機械が使われます。 ネジが整列して流れてく様子です。
お問い合わせ

チタン・チタン合金の素材選定からスウェージング加工切削加工転造加工圧延加工ろう付チタン塗装・メッキプレス加工部品製造・プレス加工などチタン加工おのことなら何でもご相談ください。
電話番号 0778-53-0810 受付 9時~18時 月~金(祝日を除く)

チタン加工や部品・製品開発などお見積・ご相談はこちら

優れたチタン加工技術

加工事例

メディア掲載

お問い合わせ

チタン・チタン合金の素材選定からスウェージング加工切削加工転造加工圧延加工ろう付チタン塗装・メッキプレス加工部品製造・プレス加工などチタン加工おのことなら何でもご相談ください。

よくあるご質問

お見積り・ご相談フォーム

チタンクリエーター福井の匠たち

チタンクリエーター福井ブログ