ホーム > 技術 > レーザー加工 > 眼鏡の腕(テンプル・つる)のレーザー切…

眼鏡の腕(テンプル・つる)のレーザー切断加工

 

CO2レーザー加工機(発信機出力200W)で実際に加工している画像です。

加工ワークは厚み0.8mmのβチタン材で眼鏡の腕(つる・テンプル)を切断加工しています。

レーザー切断加工は、レーザー発振器から反射鏡などを用いて伝送されてきたレーザービームを、集光レンズで細く絞って切断材料に照射することで局部的に溶融させ、レーザーと同軸に配置したノズルからアシストガス(補助ガス)を噴き付け、溶融物を噴き飛ばすことで狭い溝幅の高精度な切断を行っています。

 

 

お問い合わせ

チタン・チタン合金の素材選定からスウェージング加工切削加工転造加工圧延加工ろう付チタン塗装・メッキプレス加工部品製造・プレス加工などチタン加工おのことなら何でもご相談ください。
電話番号 0778-53-0810 受付 9時~18時 月~金(祝日を除く)

チタン加工や部品・製品開発などお見積・ご相談はこちら

優れたチタン加工技術

加工事例

メディア掲載

お問い合わせ

チタン・チタン合金の素材選定からスウェージング加工切削加工転造加工圧延加工ろう付チタン塗装・メッキプレス加工部品製造・プレス加工などチタン加工おのことなら何でもご相談ください。

よくあるご質問

お見積り・ご相談フォーム

チタンクリエーター福井の匠たち

チタンクリエーター福井ブログ