ホーム > チタントピックス > 中国3Dプリント技術、すでに最先端戦闘…

中国3Dプリント技術、すでに最先端戦闘機の開発に応用

中国北京国際科学技術産業博覧会(CHITEC)でこのほど、中航工業と北京航空航天台学は2012年度「国家技術発明賞一等賞」を受賞した、航空機用チタン合金大型全体重要部材レーダー成形技術、および同技術によって生産された5平方メートルのチタン合金強化フレームを共同展示した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

中国中央電視台(CCTV)のニュースチャンネルの報道によると、殲-15の孫聡チーフエンジニアは両会(全国人民代表大会・全国政治協商会議)の開催期間中、「チタン合金とM100ステンレスの3Dプリント技術は、すでに殲-15のベアリング部分(前脚全体を含む)に幅広く採用されている」と語った。

西北工業大学材料科学院の黄衛東教授の研究チームは、C919の翼の重要部品として、全長3メートルのチタン合金部材を生産した。黄教授は、「中国が伝統的かつ複雑な製造技術に代わる3Dプリント技術を発展させ、すでに20年弱が経過する」と述べた。中国は現在、12平方メートル以上の複雑なチタン合金部材をレーザー成型する技術と能力を持っている。

 

こんな事になってるなんて…知りませんでした彡(-ω-;)彡ヒューヒュー

 

引用:searchina

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0605&f=politics_0605_009.shtml

お問い合わせ

チタン・チタン合金の素材選定からスウェージング加工切削加工転造加工圧延加工ろう付チタン塗装・メッキプレス加工部品製造・プレス加工などチタン加工おのことなら何でもご相談ください。
電話番号 0778-53-0810 受付 9時~18時 月~金(祝日を除く)

チタン加工や部品・製品開発などお見積・ご相談はこちら

優れたチタン加工技術

加工事例

メディア掲載

お問い合わせ

チタン・チタン合金の素材選定からスウェージング加工切削加工転造加工圧延加工ろう付チタン塗装・メッキプレス加工部品製造・プレス加工などチタン加工おのことなら何でもご相談ください。

よくあるご質問

お見積り・ご相談フォーム

チタンクリエーター福井の匠たち

チタンクリエーター福井ブログ